自己処理での全身脱毛のデメリットに関すること

必要になった時にその都度やるので時間や手間がかかる

自己処理には少なくない手間がかかります。早いものでもカミソリで剃るためには、毛を蒸しタオルやお湯で柔らかくしておく必要がありますし、剃り残しがないように丁寧にやるならチェックする必要もあるので実は意外に時間がかかります。また自己処理は永久脱毛ではないため必要になるたびにやり直さなければならないのが難点です。彼とのお泊りや夏場の海水浴場の時、温泉旅行などなど、肌の露出があるたびに処理をする必要があるのです。1回あたりが丁寧にやって20分程度かかるとすると、毎週やるなら月1時間20分、年だと16時間程度を毛の処理に捧げることになります。脱毛サロンなどでの永久脱毛なら毎年かかるこの時間をカットできるので、将来的に見てどれくらい時間を浪費してしまうのかは大きく変わってきます。

トータルでコストが高く仕上がりもマチマチ

安上がりだからと自己処理を選んでいる人は考え直したほうが良いかもしれません。実は長い視点で見るとサロンでの永久脱毛よりも自己処理の方がお金がかかるケースもあるのです。自己処理の問題はすぐに毛が生えてしまう事です。サロンでの脱毛は一時的に高い金額がかかりはするものの、一度きっちり脱毛を終えれば追加でかかる料金はありません。しかし自己処理ではカミソリや除毛クリームなどの脱毛に必要なアイテムを買い揃えるお金は一生つきまとうことになります。1回あたりが数百円であったとしても毎回毎年ずっと処理し続ける事を考えると何万、何十万にもなる場合があるのです。また自己処理は処理痕が出血したりザラザラすることも多く、仕上がりが良くないのも問題と言えるでしょう。